×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME 風景のお裾分け 2010年 Vo.10
 
感謝!!  ∞
 
 
あれだけ天気続きだったのに今年は何故か木曜が天気の谷間、、、、折角
解放感一杯に撮影を楽しみにしていたのにチロマスが何をした!と言うのでしょうか?
今日の予報も良くありませんでしたが、フラストレーションの限界点に来ていましたので
無理を承知で出かけました今日のお裾分けはさてさて、、、
 
 
 
     
 
昨年10月1日VOL22が最後の神仙沼となりましたので、約10ヶ月ぶりとなりましたニセコ山系神仙沼の朝は昨夜も凄い
ガスで視界は悪くそのまま朝を迎えた状況です。
 
                    
 
神仙沼の鬼Sさんからも今年はメールが入っていないため、状況をつかめないまま入山しましたが、イメージとしては凝縮
して花たちがパッと一気に咲いたと言う感じですかね?左は「ヒオウギアヤメ」右は「トキソウ」でもひっそりと、、、ひっそりと、、、
 
                     
 
しっとり濡れた湿原の華達が「ねぇ〜〜私を撮ってよ!」と色っぽい視線を投げかけて来ます。左のセンテイカ「エゾカンゾウ」
は朝開花し、夕方には閉じる、、、「花の命は短くて、、、」と昔から言いますが、だから引き付けるものがあるのかなぁ〜、、、
右はこれ一輪だけでしたが「タチギボウシ」が蕾でありました。例年はその後「サワギキョウ」が咲いて秋の気配、、、わお〜〜
 
      
 
この「チングルマ」も一気に開花してもうこの状態でした。途中雨が降り出し、カメラを心配しながらも粘っています。この天気
では自分一人かな?と思っていたのですが、チロマスみたいな(?)違いがいるんですね?結構重装備で上がって来ました。
ここの特徴で右のシャクナゲ岳と眼の前のチセヌプリの間からガスがさぁ〜っと流れ一気に湿原が包まれてしまいます。
 
      
 
この辺から先ほどとは比べようが無い位の強い雨が降り出しチロマスはぬれ鼠状態でしたが、久々の神仙沼の朝の空気を
腹いっぱい堪能し、これがリズム、リズムと気持ちよく帰路につきました。
 
 
 
 
ではでは、、、

   

                                                  
前へ

次へ

 後
HOME